アダムスタウンでアンティーキング

日帰りでペンシルバニア州のアダムスタウンに行ってきました。

アダムスタウンに行くのは4度目ぐらいかな。
以前はファイヤーキングやオールドパイレックスなどをはあはあ言いながら買いあさったこともありました。
今回は食器は一切買いませんでした。

買ったのはまず、玄関に置くベンチ。

正直、今の自分ならコレよりもっと上手に作れると思います。

ですが古い木の味は作ることができない。
なんぼナンチャッテ技術を駆使しても、本物のアンティークの味わいには太刀打ちできないような気がしています。

それから、今回の目的のドアプレートとドアノブ。

ドアノブはあんまりたくさん見つけられなかったです。

プレートは3組。
もっと買いたかった。

↑これは、豚ドアの上に何か飾りたくて買ったもの。
何に使用されていたのかさっぱり分からなかったけれども、なんとなくかっちょいいと思って。
5ドルでした。

店の人に聞いたら、薪ストープのベントを調節するものらしいです。

オイルで布拭きして飾ってみました。

今回の買い物は以上です。
もう一点、昔のネオンサインが欲しかったんですが、これといったのがありませんでした。

実を言うと、私はオールドパイレックスのグリーンリーフシリーズの消極的なコレクターでして、食器もざっと見ましたがただの一点も見つかりませんでした。
それからダンカン&ミラーのシャンパングラスをあと3つ欲しいと思って探したのですが、それもありませんでした。

こんなマイナーなコレクティブルすらレアものになってしまったのでしょーか。
ほんの8年ほど前、ファイヤーキングのジェダイ・レストランウェアのディナープレートをこの地で1枚12ドルで買った……なんて言ったら、日本のコレクターに斧で斬りつけられるかもしれません。

来年あたり、マサチューセッツのアンティークショーまで足を伸ばしてみたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました