インダストリアル・シャンデリアを作ろう

長い間、リビングルームの天井ライトを探していました。

自分の中でイメージが出来上がっていて、黒っぽいインダストリアル系のシャンデリア。
でもあまり混み入った感じじゃないもの。
天井高が9フィートしかないのでシンプルに、でも存在感があるもの。

「これいいんじゃないかな」というのは見つかったんです。
Schoolhoue Electric & Supply Co.のVega 5 Chandelier っていうやつ。
↓こんなの。

問題は値段です。
519ドルってアンタ。
こんな殺風景なライトに、なんたる高飛車な値段設定。

ですから自分でつくることにしました。
そりゃそーでしょう。私ってそういう女です。

部品はネットで買いました。
Grand Brassというサイトです。

たとえばパイプひとつとっても、材質、長さ、太さ、両端のねじ部分の長さなど、1本1本自分で選ぶことができます。
言い換えれば、個々のパーツを全部自分で考えて選ばねばなりません。

私はそういうのが楽しくってしょーがないのですが、これも人それぞれ向き不向きがあるのかも。

部品代が結構かかり、100ドル近くしました。
もっと安くできるかと思っていたんですがね。
519ドルという価格設定もまあ仕方ないのかもしれません。

パイプやフィッティングを黒くスプレー塗装します。

あとは電線をつなげて組み立てるだけです。

アームを5本作り、

それをシャンデリアボディーにくっつける。
くっつける、といっても、ハンダごてを使うわけでもなく。
フィッティングとナットで留め付けていくだけです。

まあなんというか、あっさりと出来上がりました。

さっそく天井に取り付けます。

おおー、いいんでないの!

電気付けてみた。

電球はエジソンタイプのLEDグローブライトです。
家買って2年、引っ越しして1年。やっと裸電球の暮らしから抜け出せました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました