3階ゲストルームのクローゼットを仕上げていく

3階ゲストルームの工事は続きます。

クローゼットへの段差を解消する踏み板づくり

この部屋には小さなクローゼットが付いていて、その中の床にはハードウッドフローリングが張られていません。クローゼット中の床を仕上げていきます。

まず、ドアのストッパー的な木の部分を、厚さ1/2インチ分切り落としました。

そこにTread(踏み板)を入れるのですが、いつものように手作りです。

何故手作りするかというと、ハードウッドフローリング側と、奥のラミネート(を貼る予定)側の高さに合わせるため、それぞれの角をドンピシャにカットする必要があるからです。  

  クローゼット内は、息子部屋のクローゼットにも使った木目調のラミネートを貼りました。  

  見えないところは手抜きです。 ラミネートで構わない。  

  オークのTread(踏み板)にポリウレタンを塗って、出来上がり。

クローゼットのドアを修復

クローゼットに付いてるドアを外し、ペンキを塗り直します。

ドアの上のとこなんか、ゾンザイに切ってあるし。

そういうのをSimとかウッドパテとかで直しつつ、全体にもウッドフィラーを塗って凸凹を補修し、サンディングしました。(写真なし)   白ペンキを2度塗りします。  

  塗るよ〜塗るよ〜。  

  塗り終わり。

ドアを元に戻しました。

ドアノブは、ペンキがべったり付いていたのをこそげ落として、付け直しました。

古いドアと古いドアノブ&プレートの組み合わせってサイコー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました