3階息子部屋のホラーなクローゼットをリフォーム

3階息子部屋には、購入時にはがっちりと固定されて「開かずの扉」となっていたドアがありました。

死体でも入ってたら困るので、この「開かずの扉」をこじ開けてみたところ
↓こんなことになっておりました。

思わずコムスメのようにきゃーーーーーって叫んでしまったワタクシ。

黙ってドアを閉め、再び2度と開かないように固定することもできましたが
息子部屋にもクローゼットはあった方が良かろうと思い
なんとかすることにしました。

壁作り

2×3で壁のフレームを作ります。
負荷がかからない壁は2×4ではなく2×3で作る主義です。
銭節約の意味もありますが、多少軽いので。
運搬と制作に少しでも軽い方が、足腰の弱ったオバさんには助かります。

作ったフレームを床と屋根下に固定し、シートロック(石膏ボード)で壁を作ります。

斜めの角度がむずかしかったです

ドアの補修

クローゼットのドアを外し、ダメージ部分をウッドパテで補修します。
サンダーをかけて滑らかに仕上げます。

白ペンキを塗ってドアの出来上がり。
アンティーク加工などしなくても、本当にアンティークなので、つるっと塗っています。

ドアをあけたところ↓。
クローゼットの中の床はラミネートを貼りました。
誰も見やしません、クローゼットの床なんて。

ベースモールディングも幅の細い安いやつです。
誰も気にしません、クローゼットのベースモールディングなんて。

ドアノブはもともと付いていた100年ものです。
ペンキで塗りこめられていたドアプレートも、ガシガシとペンキを削り落として付けました。
他のドアに付けたドアノブは、一生懸命アンティーク加工したものがほとんどなのですが、本物のアンティークの風情にはどうしたって勝てません。

裏側の金具も可愛いです。

ああー、家中のノブを本物のアンティークのやつに取り替えたいっす。
アンティーキングに行きたいなあ……。

コメント

  1. sonoko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うっわ!凄いですね!凄いを通り過ぎて「壮絶」ですね…。
    そのまま保存してホラー映画のセットとして貸し出し出来そう。

    扉の裏についてるグレーピンクのもあもあは断熱材??

  2. マルマル より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「白骨化した死体」とか無くて、良かったですね。もしかして「お宝」とか期待してたりして(笑)
    何故かドアーに断熱材みたいな物が?
    しかし何時拝見しても、素晴らしい腕前です!マダム!

  3. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ひどいでしょう?
    ソーゼツでしょう?
    初めて見たとき気絶しそうになりました。

    >扉の裏についてるグレーピンクのもあもあ

    断熱材の残骸です。
    これをひっぺがすのも気持ち悪かったです。

  4. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >白骨化した死体

    人間のじゃなくても、小動物の死体とか出て来たらどーしよー……って思いました。
    アライグマとか。

    お宝ねー。そんなこと考えもしませんでしたわ。
    こんなボロ家にそんなもんあるわけがないです。
    もしあったとしても、前のオーナーの強欲ジューイッシュのじじいが見逃すはずないですもん。

タイトルとURLをコピーしました