DIY2軒目となるボロ家購入と手始めのサイドウォーク・玄関のセメントジョブ

ボロ家を手に入れました。

どれくらいボロいかというと
屋根も外壁も窓も総取り替えしなければならない程度。

1899年築の、19世紀の家なのです。

屋根はアライグマがかじって穴を開けていて、下の木の部分も取り替えなきゃダメだって。
もしかして屋内にアライグマが住んでる可能性もあって、そうなると専門家による駆除が必要だと。

ボイラーや配管にはアスベストが使用されており、専門家を雇って除去作業をしなければならない。

その他にも、あんなことやこんなこと、やらなければならないことがてんこ盛りのボロ家です。

このボロ家を全部自分で直したいのはヤマヤマなのですが、道具と時間の関係上、外注すべき工事はプロに任せます。

まずは家の外側、サイドウォークと玄関まわりの工事を発注しました。

元々の状態

ニューヨークでは家の前のサイドウォーク(歩道)部分は、その家の持ち主の責任です。
このようなデコボコの状態で歩行者がつまづいてコケて骨なんか折っちゃったりしたら、家のオーナーは訴えられるわけです。


木の根っこでセメントが持ち上げられて段差がひどくなってる場合などは、シティーから「いついつまでに修理しないと罰金くらわすぞワレ」というチケットを切られます。

家もボロいがサイドウォークもまあまあボロい。

玄関階段部分も結構な有様。

このようなレンガの目地のようなセメント部分の修繕はポインティングといいます。

この仕事は根気がいるだけで自分でできないことはありません。

でもサイドウォークのコンクリート打ち直しは、ドリルハンマーやコンクリートミキサーも必要だし、打ち砕いた瓦礫の処理もむずかしい。プロに頼む方が安いわけです。

 

業者探しとプロのお仕事

今回さまざまな業者を探すに当たって、Angie’s Listの1年間メンバーシップを買ってみました。

ライセンスを持った業者のレビューが読めるので参考にしようと思ってメンバーシップを買ったのですが、ときどき「Deal」なるクーポンのようなものが送られてきます。

そこで、サイドウォーク打ち直し799ドル というDealがあったので利用してみた次第。

Angie’s Listに乗せてる業者はレビューを非常に気にしています。
そのためヘタなことはできません。
少なくともボッたくられる心配は少ないのではないでしょうか。

この仕事のほかにも、電気パネルを60アンペアから100アンペアにグレードアップするクーポン899ドル というのも使ってみました。
普通に頼めば2000ドル以上はかかるので、かなりお得でした。

サイドウォークは1日でバリバリががががっと終わりましたけども、ポインティングはバングラデシュ人のじいちゃんが一人でやってきて、3日間かけてコツコツやってくれました。

レンガを全部ひっぺがして1枚石を入れた方がモダンになるのでしょうが、ラウンドに仕上げられたレンガが可愛いので、あえて残してみました。

ポインティングは3~5年に一度はやり直しが必要、と聞いたことがあります。

どれくらい持ってくれるかな……。

コメント

  1. N坊 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いやー始まりましたね。
    とりあえずサイドウォーク、気持ちいい仕上がりですねー。セメント仕事はやはりプロは違いますね。そして玄関のステップ、なかなか珍しいアイアンの手すりですね。今後も期待しております!

  2. 桃ちゃんの伯母さん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ。以前、団子マシーンを考えていてこちらへたどりつき、その後、折々のバラの花や住宅改修、木工制作を楽しませていただいていました。今度の家も色々見せていただけそうで楽しみにしています。私の家は古い日本家屋でもうあきらめていますが(笑)。とにかく自分でつくるんです、というタイトルが大好きです。

  3. マーチ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    brookさん、来ましたよ~^^

    着々と進んでますね!
    brookさんは、安くていいものを見つける嗅覚がすごいといつも思います。
    そんな業者の探し方があるんですね!

    19世紀の家の変貌を楽しみにしています☆

  4. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじまってしまいましたよ。
    あちこちぶちこわしているのですが、驚きの連続です。

    来週は屋根です。
    アライグマが食い破ってしまって、もうどうしようもないそうです。

    頑張ります。

  5. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    お団子マシーン! 懐かしいですねー!

    この家も古いんですよ。
    1899年築ですから。
    外壁なんか1940年代のものだそうです。

    最初は「自分で作れない」部分を外注しますが、残りはコツコツ自分で直して行こうと思っています。
    また遊びにきてくださいね。

  6. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    遊びにきてくださってありがとー。
    今後はこっちが中心になるかな?
    毎日毎日コーヒー持って現場に通っています(笑)。

    肉体労働ですからね。ちょっと体重が減ってお腹がへっこんできましたよ。
    また遊びにきてね。

  7. A子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すばらしい。こういうことができる人羨ましいです。
    うちは外回りの修理を頼んだとき、初日にきたおっちゃんが見積もりの紙ないんだ~、を、そう、で済ませたばっかりに修理が終わって高く請求された経験があります。腹がたつやら情けないやらで。自分でできたらなあ、、弟子入りしてもいいでしょうか。
    腰のほうは大丈夫ですか。

  8. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家の住み替えの方は順調にすすんでいますか?

    このくらい大規模なリノベーションの場合、ジェネラルコントラクターと契約して仕切ってもらうのが普通かもしれません。
    でもそうするとオーガナイズ料みたいのがぶんどられるわけですよね。
    私はそれが惜しい!
    手間はタダなのであちこち自分で発注しています。

    腰ねー。
    今日地下室のセメント手でこねたら、ちょっとヤバイかもって感じです。

タイトルとURLをコピーしました