3階バスルームの天井断熱材と新たな壁

3階バスルーム工事の続きです。

天井の断熱材

118年分のホコリ断熱材に代わるものとして、発泡スチロールを梁の上にのっけることにしました。

あんまりキッチリとではなく、ぞんざいに。

隙間だらけに。

何もないよりはマシ、ぐらいの感じです。

このバスルーム以外の3階部屋は、依然ホコリ断熱材のままだからです。

ここだけ神経質になっても意味ないような気がする。

スチームラジエーターのペインティング

ラジエーターをスプレーペイントしておきました。

新たな壁づくり

ラジエーターの配管を動かした面に、新たな壁を作りました。

ツラいちになるように。

工具の乗っている部分は、ニッチにする予定。

窓側の面も、窓枠に合わせてツライチになるよう、シムや木切れを元々のスタッドに打ち付けました。

天井の、ガラスパネルを設置するであろう位置に、ビスが打ち込めるよう合板を渡しておきました。

なんだか疲れてきて写真もあまり撮っておりません。
もう3年もこんな肉体労働を続けております。

好きでやってることなんですけどね。

ええ、ええ、誰に強制されてるわけでもないですけど。

同じDIYでも、もうちょっとなんと言いますか小洒落た、素敵な奥様的な、一工夫で使い心地アップ、みたいな。

そんなことがしとうございます。

具体的に何か、と聞かれると即答できないのですが。
オノレの腰のと相談しなくても良さげなDIYと言いますか。

作りたい家具もたまってるし、収納グッズも作りたいなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました