3階バスルーム、タイル下地のSchluter DitraとWediを貼る

3階バスルーム工事の続きです。

床のレベル出し

リノベーションで一番大切なことは、レベルをきちんと出すこと。
それに必要な水平器4兄弟↓。

レーザー水平器を持っていないので、4兄弟を駆使しています。
欲しいなあ、レーザー水平器。

コンパネを貼った後、凹んでるところにセメントを塗り、レベルを出しました。

床用タイル下地 Schluter Ditra

シャワーパンと、タイルの下地に使用する床材Schluter Ditra(オレンジ色のやつ)を貼りました。

シャワーパン、Schluter Ditraともに、modifiedのシンセットモルタルを塗って貼り付けています。

シャワーパンの上には重しとして、タイルの入った箱を乗せました。

Schluter Ditraは、コンパネの上に張る場合はmodifiedのシンセットモルタルを使い、上にタイルを貼る時はunmodifiedのシンセットを使うよう、取扱説明書に書いてあります。

それを素直な3歳児のように忠実に守っとるワケです。

ちなみにmodifiedとはラテックスなどのポリマーが含まれているもの、unmodifiedはそれが含まれていないモルタルです。

タイルの下地としてSchluter Ditraを選んだ理由は

1. コンパネを貼った分床が上がったので、少しでも高さを出したくなかった。

(Schluter Ditraは厚さが1/8インチです)

2. コンクリートボードよりはるかに軽いため、私一人で3階まで持ち上げられる。

3. 切るのが簡単。

4. タイルや目地が割れにくく、防水性に富む。

という点です。

Schluter Ditra自体はプラスチックシートなので、modifiedのシンセットモルタルを均一に塗って貼り付けないと、凸凹してしまいます。

そこがちょっと難しかったかなー……。

壁のタイル下地 Wedi

タイルを貼る予定の壁に、シャワーパンと同じブランドのWediの、厚さ1/2ボードを張っていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: blog_import_5da0a0b82c6fd.jpg

とにかくこのWediは軽いんです。
2〜3枚まとめて3階まで運べるくらい。

切るのもカッターナイフで簡単に切れるし。

スタッドに打ち付けるのに専用の金具を使います。

ボードを貼る際と、つなぎ目、金具の表面に専用のジョイントシーラントを塗るのですが

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: blog_import_5da0a0ba19a64.jpg

とにかくこのシーラントが優秀です。

ボード自体もさることながら、このシーラントにより簡単に完全防水を実現できるようになっとります。

しかもシーラントでコーティングした2時間後には、タイルを貼り始められるという。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: blog_import_5da0a0bcf3575.jpg

床のSchluter Ditra(オレンジのやつ)との境目にも、メッシュテープを貼り、このシーラントでコーティングします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: blog_import_5da0a0bf41751.jpg

これでようやくタイルに取りかかれます。

コメント

  1. wasabifu-chan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    楽しみにしています。いくら毎日コツコツ地道に作業し、いくら仕上がりが素晴らしくても、体いわしたらどないもならしまへん。最新の軽くて施工が楽な建材で3階での作業 お続けくださいませ。

  2. brook より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます。
    DIYも20年ぐらいやってますが、年々年寄りに優しい新しい建材が出てきて嬉しい限りです。
    毎日「あいたたたた」「足が!腰が!」と言って暮らしておりますからね。
    いつまでできるか分かりませんが、コツコツとやっていく所存です。

タイトルとURLをコピーしました